いろいろじょうほうきょく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろじょうほうきょく!

雑記ブログです!新商品の紹介が多いかも!毎日更新しています!

自分のブログだから好きな事書いていいって思ってたけど、そうでもなかった話

こんにちは、napiです!

 

ブログを始めてはや3か月半、毎日いろんなことを投稿していて楽しいです。

私がブログをやっていくスタンスとして、「自分のブログなんだから好きな事を書いていればいいやー!」って思っていたんですね。

 

でもそのやり方が間違ってるのかなと思ってきました。

弱小ブロガーだけど弱小ブロガーなりに、いろいろと考えてみました!

 

 

 

見てくれている人が多少なりいるって事

 

f:id:nappiy:20170518185044j:plain

 

 

いくら弱小ブロガーといえど読者数は300人を超えています。

ということは少なからず300人の方が見てくれている可能性があるってことですよね。実際最近のUUは300以上あります(;・∀・)

 

今まで気楽に書いてきていたけど、私が書いている文章を300人に見られる可能性があるって考えたら、なんでも好きな事ばっかりかいているわけにはいかないなって。

 

好んで見てくれる人や、ブックマークや検索で来てくれた人が「読みたかった文章と違う」って思われたら申し訳ないですしね。

 

だからと言って今まで適当に書いてきたわけじゃないけど、見てくれる人が多いほどブクマがついてバズが起こる可能性もあるわけです。

めったにないけど可能性はあるし、いつ起こるか分からんしね。

 

 

とくに申し訳ないと思ったこと

 

この前あげた記事がスマートニュースに載っていました。そして2000人以上の人がこの記事を読んだことになっています。

 

珍しくCOOKPADなしのオリジナルなレシピを書いてみたんですよね

 

www.napiiro.com

 

タイトルだけみたら私でも読むかもしれません。

内容もわりとちゃんと書いたつもりだけど、こんなのが取り上げられちゃってかなり申し訳なく思いました。

 

美味しいって書いたけど、あくまでも私の中で美味しかっただけの話で、もし他の人が実際に作って不味いって思われたらどうしようって。

 

こんなことになるなら、もっと真剣に分量とか計ればよかったよーと後悔。

いつもはならどれだけ多くても300PVとかだったので、完全に油断していました。もちろん300PVだからって適当に書いていいわけじゃないけど、いつものノリで書いていたのでダメですね。

 

根本的に見直す必要がありそうです(;・∀・)

 

 

記事の内容の正確さって大事

 

今回の失敗をずっとしていてはいけないので、しっかりとした内容の記事を書けるように心がけたいと思います。

とくにレビュー系が検索流入に引っかかっていることが多いので、しっかりと読み応えのある記事を作っていきたいと思います。

 

2か月前に書いた記事がいまだに読まれていることもあるので、めんどくさくてほとんどやっていなかったリライトもしていかなきゃなー(;・∀・)

 

作ってみた系で自作のレシピを載せるときは、分量なども正確に計り軽い気持ちで載せないようにしていきたいです。

 

 

それでもやっぱり好きなことを書く!

 

それでもやっぱり好きなことを書きたくて始めたブログですから、これからもいろんなことを書いていきたいです。

 

人に読まれるという事の自覚をちゃんと持って、中身のあるブログを書きたいと思います。月に1万もアクセスがあるんだから、内容もそれなりに気を使っていかなきゃいけないとは思っているんだけどね!

 

批判コメントで切なくなる時もあるけれど、なるべく穏やかに運営していけるようになればいいなって思っています(/・ω・)/

そのためにも中身をしっかりだよね!

 

 

まとめ

 

最初こそ気楽に好きなことを好きなように書いてきたけど、見てくれる人が増えるたびに気を使って書いていくことも必要だなと思いました。

 

わりとしっかりとブログを書いているつもりだからこそ、それに見合った中身のある内容を書きたいし、いつまでも「わたし文章力低いから仕方ない~」で済ませたらいけないと改めて実感しました。

 

ブログのモチベーションが上がらない時もあるし、いろいろと落ち込むときもあります。でもそればかりじゃなく、楽しい事や嬉しいこともたくさんありました!

だからこそこれからも続けたいし、そのために内容を見直すことも大切です。

 

自分の好きなことを万人受けするように書いていきたいと思います!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆