いろいろじょうほうきょく!

いろいろじょうほうきょく!

雑記ブログです!新商品の紹介が多いかも!毎日更新しています!

日常的に使う金沢弁が全く可愛くないので聞いてほしい。

こんにちは、napiです!

 

「方言女子が可愛い!」てきな風潮ってよくあるじゃないですか。

 とくに京都のおっとりした感じの関西弁や、福岡の可愛らしい語尾とかね!

 

でもね、金沢弁が可愛いっていうのは聞いたことがないと思います。

だって全然可愛くないから。

 

今日は金沢出身の私が、いかに金沢弁が可愛くないかを紹介します。

 

 

 

金沢弁は語尾がおかしい

 

https://1.bp.blogspot.com/-lBXgry3EBAA/V0QnlddgXfI/AAAAAAAA68o/EN_VlMAt9hQsHXuHfhiHLwRL1b-Zp5UwACLcB/s400/pose_unzari_woman.png

 

 

ほんとこれに尽きるんだけど、金沢弁って語尾が変なんですよね。

でも金沢じゃ当たり前のように使われていますし、金沢の人は疑問にすら思いません。だってそれが当たり前だから。

 

イントネーションは標準語よりかは関西寄りです。

 

さすがにブログには書かないけど、もちろん私も日常的に使っています。

そんな語尾を標準語の例文を交えて紹介するよ!

 

〇例文1「公園に行かないの?」

 

例文はどこかに行くか行かないかを相手に尋ねるときのパターンです。

ただ疑問形にはなんでも応用できる万能な語尾がこちら!

 

 

「公園行くがん?」

 

 

はい。万能な語尾は「がん」です。

同じような感じで「がけ?」「がー?」「がんけ?」など使われることがあります。

これは疑問形で何かを尋ねるときに日常的に使われる語尾です。

 

今回は公園に行くかを尋ねる風で使ってみましたが、「○○するがん?」「○○やと思っとるがやけどー」などいちいち「が」という文字を入れたがる風潮があります。

 

もうしょっぱなから全く可愛くないですよね。

ちなみに私は使わない日はないってくらいの頻度で使ってます!!!

 

 

〇例文2「明日は公園に行くよ!」

 

例文は明日は公園に行くということを相手に伝えるパターンです。

これを金沢弁に直してみると・・・

 

 

「明日公園行くげん!」

 

 

はい。万能な語尾に「げん」というものがあるんです。

他にも「~げんて」など使う方が多いです。

 

標準語でいうと「~なんだ」というようなときに使われます。

ただこれは「がん」と違って使いどころが難しく、なんでもかんでも「げん」って言っておけばいいわけじゃないので気を付けましょう。

 

ちなみに石川のプロサッカーチームに「ツエーゲン金沢」というチームがありますが、これは「げん」から取ってるんだと思います。

 

 

ここで「げん」と「がん」を使った例文を書いてみたいと思います!

 

「明日公園行くげんけど、なぴちゃんは行かんがん?」

 

はぁぁぁ・・・可愛さのかけらもないわ。

でもこれ金沢じゃ当たり前のように使われてますからね。

 

 

わたしが嫌いな金沢弁

 

わたしはあんまり金沢弁が好きじゃありません。

 

北陸新幹線が開通してからはよく石川特集とかがテレビでやっていたんですが、もうなんていうか聞いていて汚いんですよね(;^ω^)

とくに男性が話す金沢弁が威圧的に感じて嫌いなんです。

 

例えば

 

「○○してるんだけど」を「○○しとれんけどー」

「とても大きいね」を「たった大きいんやけど」

「ばか」を「だら」

「一生懸命だね」を「がっぱになっとる」

「態度が大きい」を「いさどい」

 

などいろいろあります。

わたしは自分が聞いていて嫌になる方言は極力使わないようにしてますし、好きな人には使ってほしくないと思ってます(;^ω^)

(偏見みたいなこと書いてごめんなさい)

 

 

好きな金沢弁

 

嫌いなとこばっかり書きましたが、とっても好きな金沢弁もあるんです。

わたしはもともと老人ホームで働いていたので、方言とは切っても切れない縁がありました( ˘ω˘ )

 

とくにおばあちゃんが使う金沢弁の可愛さと言ったらもうね・・・!

そんな一部も紹介します!

 

 

〇「ありがとう」を「あんやとぉ」

 

大好きなおばぁちゃんに「ねーちゃんあんやとねぇ」とか言われたときはキュンキュンしてました( ˘ω˘ )

普段どんなにわずらわしいおばぁちゃんでも「しかたないなー」てきな気分になります。

 

〇「ありがとう」を「きのどくなね」

 

またありがとうかよって感じだけど、このありがとうは「あんやとぉ」とは少し違って気を遣う感じのありがとうなんです。

おばぁちゃんに「ごめんねぇ、きのどくなねぇ」とか言われたら、なんでも許してあげたくなります( ˘ω˘ )

 

〇言葉の伸ばしかた

 

金沢にはちょっと特有な言葉の伸ばしかたがあります。

「あのねー」は「あのぉんねぇ」てきな感じなんだけど、喋ってる途中でイントネーションが上がったり下がったりするんです。

 

あんまり使うことはないんだけど、なんとなく好きな方言です。

 

 

〇「しなさい」を「しまっしー」

 

わたしが日常的に使う方言に「まっしー」「しまっしー」というものがあります

こんなこと書くのはアレだけど、いまのところ他県出身の男性に使って1番効果のある方言だと思ってます(笑)

 

「早く寝なさい」を「はよ寝まっしー」や「来て」を「来まっしー」という風に使うんですが、個人的に1番好きな金沢弁です( ˘ω˘ )

 

「しましまにした方がいいよ」という言葉を「しましまにしまっしまー」と言ったりする金沢弁ギャグがあったりします( ˘ω˘ )

 

 

グーやチョキで2つに分かれるときの掛け声

 

そもそもなんでこのブログを書いたかというと、この話が書きたかったからなんです。

こないだ彼氏と話してるときに、グーとかチョキで2つに別れるじゃんけんの掛け声の話になったんですが、金沢のやつってちょっと独特なんですよね。

 

結構聞く感じとして「ぐっぱで別れましょー」が多いと思ったんすけど、そんな掛け声の仕方は大人になるまで知りませんでした。

金沢の子はこういいます。

 

 

「グーキーグーキーオトマイエス!!!」

 

 

この掛け声でグーとチョキに別れるんですよね!

ちなみに「おとまいえす」の部分は、みんな曖昧にごにょごにょ言ってます。恥ずかしさとイマイチなんて言ってるか分からなかったからです(/・ω・)/(笑)

 

これ彼氏に言ったら、大爆笑してずっとからかわれました。

 

 

 

 まとめ

 

金沢弁がいかに可愛くない理由がお分かりいただけただろうか(/・ω・)/

たまーにお隣の福井県は可愛い方言女子的な感じで紹介されているけど、石川県は全く紹介されないので「やっぱり可愛くないんだな・・・」と思い紹介してみました。

 

いまさら方言なんてなおらないし、しいていうなら高山女子の方言が可愛いので真似しているくらいです。

まぁどんなに真似たところで、金沢弁が抜けるわけじゃないので仕方ないけどね!

 

これを読んだ方はもうすでに金沢弁マスターに違いないと思うので、ばんばん金沢弁を使ってみて下さいね( ˘ω˘ )

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!