いろいろじょうほうきょく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろじょうほうきょく!

雑記ブログです!新商品の紹介が多いかも!毎日更新しています!

【ネタバレ有】実写版の美女と野獣があんなにアニメを再現してるとは思わなかった!

こんにちは、napiです!

 

5月1日に美女と野獣を字幕で観てきました!

 

もうね、こんな素晴らしい映画があるのかと。映像も音楽もアニメをしっかり再現されていて、懐かしくてしかたなかったです。

 

絶対映画館で観るのをオススメする映画だと思ったので、紹介してみます!

 

あらすじやネタバレはたくさんの人が書いていますので、今回はとくに私が好きなシーンの話を書きたいと思います!

 

 

 

最初のシーンから感動

 

今回の映画は、王子様が野獣に変身させられるところからの始まりでした。

いきなり王子様の顔が公開させられてたのが意外でした!(がっつり化粧してたのではっきり顔は分からなかったけどね)

 

そのシーンのあとからベルの住む町にかわります。そこで始まったミュージカルの部分なんですが、もう懐かしさで鳥肌モノ。

予告とかはいっさい観ずに映画をみたんだけど、歌や行動も衣装すらもしっかりアニメを再現してるんですね。

 

懐かしすぎて泣きそうでした。

 

 

そのミュージカルのシーンは圧巻だし、エマ・ワトソンが演じるベルは可愛いし綺麗だし。もうハーマイオニーじゃなくて、しっかりベルでした。

 

あと歌が上手い。そして声がめっちゃ可愛い!!ハリーポッターは吹き替えでしか観たことがなかったので衝撃でした。

今度は字幕で観てみよう。

 

あとガストンの朝の部分で、女性3人がガストン大好きかっこいい的な感じで歌ってるシーンがあるんです。

実写では馬に泥を掛けられて終わってたんだけど、アニメみたいに倒れてほしかったなーと思いました( ;∀;)

 

 

 

 

 ひとりぼっちの晩餐会のミュージカルが最高

 

ポット夫人につれられて行った食堂でのシーンです。

ルミエールが歌うこのシーンがいい感じに再現されていて本当に感動しました。今時のCG技術はやばいですね。お皿の飛び交う感じや花火など観ていてワクワクしました!

 

なかなか食事にありつけないベルの描写や、コックスワーズを少しいじめてる感じ。

そして最後にデザートをすすめてるあの感じ!!もう大好きです!!

 

 

パパがお城から逃げるとき、走って帰ったの?

 

パパが野獣に捕まった後、ベルが身代わりとなり、パパが街へ逃げ帰るシーンがあります。

その後にベルも脱走を図るんですが、そのときは馬を使って脱走してるんですよね。

 

あれ、ということはパパは徒歩で帰ってるってことだよね!?

他の馬を使ったとかないよね?

 

アニメの時はそんなこと思わなかったんだけど、大人になって観ると嫌なとこが目に付いちゃって嫌だな( ;∀;)

 

まぁパパがオオカミに襲われなくてよかったよ!

 

そして馬のフィリップは優秀すぎ。

パパがオオカミに食べられそうになる直前でしっかり助けてくれるし、お城と町を何往復もしてくれてるんですよね。そしてパパが捕まったら、しっかりと家に帰ってベルに異常を知らせてくれています。(笑)

馬って優秀な動物なんですね!

 

 

 私が大好きなスープの飲み方のシーン

 

ベル脱走後より野獣との関係がどんどん良くなっていきます。

私が美女と野獣の中で1番好きなスープの飲み方をベルが教えて?あげてるシーンが再現されていました( ;∀;)

 

もうね、一気に懐かしさが込み上げてきました。

 

子供の頃にそのシーンを観て、【スープは綺麗に飲まなきゃダメなんだな】って思ってましたもん。そしてそのシーンが大好きでした。

それが実写でも再現されてて感無量です。本当に観てよかったよー。

 

 

 

 

 

ガストン嫌な奴すぎてわろた

 

 まぁ悪役なので嫌な奴なのは仕方ないんだろうけど、パパのこと殺そうと置いてけぼりにしたのはちょっとねー( ;∀;)

 

そのあと酒場に帰ってきてもパパの事を悪者扱いだし…

そして野獣を2発も撃つし…(2発目撃った時は音が大きすぎてビビりました)

 

お城の架け橋の部分と一緒に落ちて言った時に「ザマァ!!!」と思った人は少なくないはず笑

 

ル・フウがガストンに【落ち着くことを思い出して】的なことを言うシーンがあるんだけど、ガストンの落ち着くことが戦争と血とかそんな感じでなんか野蛮でした笑

 

そして卵5パックは食べ過ぎわろた

 

 

これぞ美女と野獣。黄色いドレスでダンス

 

パッケージにもなっていて有名なとこですよね。

 

あーこの踊るシーン懐かしいな。

最初は野獣も久々のダンスで戸惑ってるけど、いい感じに踊ちゃってさ。

あんなにツンケンしてたのに、こんなに仲良くなっちゃって。心開いてるのが伝わってきて、胸が締め付けられる感じになりました。

 

そして鏡でパパが酷い目に合わされてるのを見て、野獣がベルに自由を与えているところ。黄色いドレスで馬に乗って帰るベルを見ながらの、野獣の切ない歌とかね。

 

 

彼氏はこのシーンが一番よかったと言っていました( ;∀;)

 

 

ラストの意外な展開。

 

いろいろあって野獣とガストンの決闘になるんだけど、ガストンは銃で2回野獣を撃ちます。(そのあとガストンは落ちて死ぬ)

ベルの【愛してる】が間に合わず野獣は死んじゃうし、他の使用人達もそのままの姿のまま動かなくなってしまいます。

 

このあと復活するんだろうなって思ったんだけど、「えっ死んじゃうの!?」と衝撃でした。

 

魔女のおかげでみんな復活するし、野獣も元の王子様に戻ることができたんだけどね!

雪か何かに野獣が包まれて人間に戻るのは、アニメと一緒だったので嬉しかったです。あと目を見て野獣が王子様だと分かるシーンとかね。よかった。

 

 

 

 

 

美女と野獣への個人的な思い入れ

 

このアニメは何回観たか忘れたくらい観ています。というか、ディズニーアニメは何回も何回も観ています。映画に限らずミッキーの短編とかも。

とくにアリスとアラジンと美女と野獣は数え切れないくらい観てる(笑)

 

今回の映画も新しい歌以外は全部わかったし、セリフだって覚えてるところもありました。

 

保育園のお遊戯会で、美女と野獣の劇をやったこともあります。

(私はポット夫人だった笑)

 

だから思い入れもすごいあるし、細かいところまでちゃんと再現されていたのが嬉しかったです。(省かれたところも多かったけど)

 

本当に面白かったです!

 

 

一応混雑情報も

 

5月1日にモレラ岐阜のレイトショーで観てきましたが、平日なのもあってか普通に空席はたくさんありました。(真ん中の後ろはだいたい埋まってたけど)

 ファーストデーだったため1人1100円とお安い日で、平日といえどもGWの間でこれだったので、夜ならそこそこ空いてるんじゃないかと思います。

 

まぁ私は前日にネット予約でばっちりいい席確保していましたけどね。

ネット予約が1番いいと思います!

 

名古屋の映画館では満席で観れなかったとの情報もあったので、少し足を延ばして岐阜にくるのもありだと思います( ˘ω˘ )

 

 

まとめ

 

美女と野獣を最後にアニメで観たのはいつか思い出せないけど、自分の中の記憶にはしっかり残ってるもんだなと実感しました。

しつこいけどスープのシーンがほんとに嬉しかった(笑)

 

アニメにはなかった新しい曲、ベルのお母さんの話、魔法の本の描写、野獣の子供の頃にふれるシーンなど、アニメにはなかった新要素もあったので、アニメを観たことがある人でも楽しめる映画だなって思いました。

 

 

吹き替え版で観ていないので比較はできないんだけど、個人的にこの映画は字幕で観てほしいと思いました。

せっかくのミュージカルだし、字幕もよかったと思ったので!

 

 

ミュージカルの映画もディズニーの映画もどっちも好きな私にとっては、最高の映画である事は間違いなしでした。

もう1回観に行きたいくらいです!

 

ただ感情移入ができるかって言ったら、別に・・・って感じです。

ストーリーを知っているというのもあるんだけど、映像と音楽とミュージカルがよかったなという感想になってしまいますね。あと懐かしい感じにしてくれるのがよかったです。

 

ディズニー映画特有の最初の始まりのシンデレラ城が、野獣のお城になっていたのもよかったです。観る前からテンション上がりました!

 

 

映画のレビューは苦手なので、好きなシーンの話だけを書きました。

なので分かりにくいところも多かっただろうと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました!